海外取引所を比較

BINANCE

日本国内の仮想通貨取引所では扱われていない仮想通貨も多数扱っているのが、「BINANCE」です。BINANCEの特徴としては、取引手数料が0.1%と非常に安く設定されているということです。これは、全ての仮想通貨が対象となっています。さらに、BINANCEの発行するバイナンスコインを購入して手数料の支払いにあてるように設定することにより、全ての仮想通貨を最少0.05%で売買することが出来るようになります。なお、バイナンスコインを使うことによる割引率については、利用年数によって変わり、初年度が最もお得になるように設定されており、利用年数が5年以上となると割引がなくなりますので、注意が必要となります。

Bitfinex

200種類以上の仮想通貨を扱っており、世界一取引高が多いことでも知られているのが「Bitfinex」です。取り扱っている通過の種類で取引所の良し悪しが決まるというわけではありませんが、興味を持った時にすぐに取引をすることが出来るというのは、大きなメリットであると言えます。取引手数料は、全ての通過に対して0.25%と日本国内の取引所に比べると安く設定されています。
2段階認証を採用しており、セキュリティ対策がしっかりしているため安心して取引をすることが出来るというメリットがあります。ただし、それほど難しくはありませんが、日本語には対応していませんので、初めて利用するという場合には、戸惑うこともあるかもしれません。

OKEx

香港に拠点を持つ中国の3大仮想通貨取引所と言われるのが「OKEx」です。その規模は世界の取引所でも上位にランクインするほどです。特徴として、全ての通貨ペアで適用されるわけではありませんが、利用者がビットコインキャッシュのみで仮想通貨を交換することが出来るという事があります。今後はビットコインキャッシュのみで取引を行うことが出来る通貨ペアが増えることが期待されています。他の取引所と比較しても、取り扱っている通過の種類は少ないとは言えませんので、気になる通貨があれば取引をすることが出来ます。
なお、他の海外の仮想通貨取引所でもそうですが、日本語には対応していません。しかし、操作はそれほど難しいものではありませんので、最初は戸惑うかもしれませんが慣れるはずです。

まとめ

はじめて海外取引所を使う方に勧めたいのがなんていってもBINANCEです。手数料が最安であり、経営もしっかりしているため信用が出来ます。少し前まで心配だった中国の規制も本社を、香港から海外に移転することで解決できるようです。海外取引所のメリットはなんといっても取扱い仮想通貨の数です。是非色々調べて楽しみを増やしてみてくださいね。

海外取引所bitfinexについて調査しました。

bitfinexとは

bitfinexは香港の取引所であり、ビットコイン&イーサリアム取引高では1位という世界でも人気がある取引所です。2013年からifinexという会社によって設立されました。信用取引は3.3倍と低いです。

bitfinexは取扱い仮想通貨数が少ないことや過去のハッキングがあることから海外ユーザーが少ないのでは?とも思いましたが、それなりにいるようですね。中国は仮想通貨に対し厳しい規制が引かれていますが、香港だけは特別視しています。bitfinexはドル建ての取引量が多いため、中国も見逃しているのかもしれませんね。香港は英語圏であるため米ドルもホテルなどで使うことができます。また香港は中国とは違う政治制度であり、特別行政区です。イギリス統治の過去から社会主義と資本主義が入り交ざった一国二制度という珍しい場所です。

香港は中国じゃない?

香港はタックスヘブンのため世界中から稼ぎたい事業者が集まってくる国です。そのため世界の基軸通貨である米ドルを持っていることがほとんどです。そのためビットコイン取引は米ドルが多いのでしょう。

香港は中国と違うとはいえど大きな枠では中国です。何かしら裏がありそうな気がしてならない、香港人だけでここまでの結果が出せたのはイギリス人が手を引いているのか、またはアメリカ・ロシアの協力か想像は止まりませんね笑

中国はインターネット規制がありますが香港はそういった規制もいっさいありません。

日本での口コミ情報

主にIOTAの売買をしたくて口座開設している人が多かったようです。最近ではBINANCEやOKExでも買えることから、日本人からするとメリットもなくなってしまいました。また最低10,000米ドル相当の仮想通貨入金ができないと取引自体ができないルールが引かれています。実質会員制のような取引所ですね。金持ちを囲い込むための作戦であることが推測できます。

Bitmexという海外取引所について

海外取引所のBitmexとは

Bitmexの大きな特徴として誰もが語るのは、なんといってもレバレッジ100倍でしょう!日本では規制があるため25倍までとされており、それでもハイリスク・ハイリターンですが、その4倍ですもんね。これはギャンブル好きな方はやってしまいそうですね。そして嬉しい追証がありません。

嬉しい日本語表示というのも魅力の一つです。海外取引所は日本語に対応していないのが普通ですが、bitmexは日本語にしっかり対応しています。英語が嫌い!という方でも安心して使うことが出来ます。また日本ではDMMビットコインしかできないアルトコインFXが出来るのも良いですね。アルトコインによって最大レバレッジが変わり5倍~50倍となぜか統一されていません。

またBINANCE等もそうですが登録がメールアドレスとパスワードを決めるだけと楽チンです。

デメリットはあるの?

経営や本社がどこにあるかが不透明のため信用度にかけます。また入金がビットコインのみと選択肢がありません。相場の大きいビットコインで送金するのを懸念してる人もいるので、改善して欲しいですね。

先程はメリットして100倍レバレッジを書きましたが、もちろん諸刃の剣でもあります。一瞬にして資産がなくなってしまうのがレバレッジ取引です。1万円で100万円の取引ができるのはついついやってしまうので中毒性もあります。これからbitmexを使う方は投入する金額に注意して欲しいところ。

まとめ

いまのところ事件は起きていない取引所である。FX組からすれば使わない理由はない!とも言われそうだ笑

日本でもコインエクスチェンジやbitFlyerでレバレッジ取引は出来るので、初めての方は国内から試してみてはいかがか。

海外取引所について

海外取引所を使おう

海外取引所と聞くだけで使ったことがない方は資産を預けるのが怖く感じるはずです。私も恐る恐る口座を開設し、使ってみればこんなもんかというぐらい安全でした。海外取引所を使うメリットは大きくわけて2つあります。

  1. 手数料が安い
  2. 取扱い仮想通貨数が日本と比べて圧倒的に多い

これが海外取引所の魅力です。せっかく将来性がある仮想通貨を見つけても、日本の取引所で買えないということはよくあります。そんなストレスを抱えないためにも海外取引所のアカウントは最低でも一つ取ることを強くオススメします。

どこの海外取引所がいいのか?

香港の取引所がとても人気で、BINANCEやBitfinex、Bittrexなどが有名で、取引高も高いのです。最近ではBINANCEにユーザーが集まっており、BINANCEは中国の規制を逃れるべくイタリアの南にある島「マルタ島」へ本社を移転する予定です。マルタ島は税率が低く、移住したい若い経営者の注目を集めている島のひとつです。よくタックスヘイブンという言葉を聞きますが、マルタ島はまさにその言葉が当てはまります。

BINANCEは手数料がダントツに安いです。もともと0.1ですが独自トークンのBNBを使うと、手数料が半額の0.05%になります。日本で買える仮想通貨はだいたい揃ってますし、注文も通りやすいのです。

初心者は日本国内取引所から

海外取引所を使う前に、日本の取引所がないとビットコインやイーサリアムを送ることが出来ないため、まずは国内の取引所を用意する必要があります。ビットコインで送金するならZaifがマイナス手数料を行っているので1番オススメできます。海外取引所はドル対応はありますが日本円には対応していません。そのため一度日本国内の取引所でビットコインを買って海外取引所に送金する必要があるのです。

Zaifは人気の取引所のひとつであり、ビットコインやイーサリアムなど全ての仮想通貨が取引板で買うことができるため、手数料が安く済みます。海外取引所に送金する時はZaifから送ることをおすすめします。送金先も簡単に登録することができますので、2回目以降の海外送金がスムーズにできるのです。またZaifは取扱仮想通貨数が多く、資金がある程度ある方にとってはリスクヘッジの分散投資も可能と万能です。是非ここから始めてみてください。

仮想通貨投資について気をつけたいこと

投資する際の注意点

「投資に挑戦してみたい」というなら、まずは仮想通貨取引用の口座開設から着手することになります。少ない額からなら、経験だと思って学びつつ開始できます。「取り敢えず手数料が割安のところ」と、安直に結論付けると失敗します。仮想通貨を購入する際には、信頼できる取引所と判断できるのかということも選定基準に入れることが大切です。取引所というものは多数存在していますが、国内で最大手と言ったらビットフライヤーという取引所でしょう。そして知識が付いてきて投資の枠を広げるようになり海外取引所にたどり着くことになるでしょう。

FXまたは株の運用実績がある人は知っていて当然かもしれませんが、仮想通貨というものは投資そのものですから会社に勤めている人の場合、20万円以上の利益を手にしたという時は確定申告が義務付けられています。逆にいえば1年間の利益を20万円未満にすれば確定申告の必要はありません。

ビットコインの次に有名な仮想通貨

イーサリアムは、いっぱいあるアルトコインの中でも抜群に知名度の高い仮想通貨なのです。時価総額はビットコインには及びませんが、第二位にランクインします。投資する仮想通貨に迷ったらイーサリアムを買うのも有効ですし、ほとんどの投資家が頭を縦に振ります。イーサリアムはプラットフォーム上で分散型アプリを誰でも作ることができるのが魅力です。ビットコインだったりアルトコインといった仮想通貨が何事もなく取り引きすることができるのは、ブロックチェーンテクノロジーと言われる仕組みが稼働しているお陰です。

アルトコイン投資

仮想通貨というものをリサーチしているうちに、ビットコインを除くものを意味するアルトコインに興味を持つようになってしまい、そちらの通貨を取り扱うことになったという人も稀ではないと伺っています。仮想通貨取引所に関しては、日常のニュースにも出てくるほど人々の注目を集めています。これから先さらに世に認知されるようになるのは明らかと言っても過言じゃありません。アルトコインはまだまだ完成と言えるにはほど遠く、2018年でようやく実用化される見込みがあります。アルトコインはこれからさらにアップデートを繰り返し進化します。株式会社に投資するように成長を見込んで投資する方が、楽しみながら見守ることができるます。

カードローン審査のチェック項目

現代社会では、日常生活において誰でも気軽にお金を借りることが可能なカードローンサービスを利用している人が、急増してきています。銀行やクレジットカード会社ではさまざまな限度額や金利のコースを用意していますので、それぞれの生活スタイルに合わせたぴったりの契約を行うことができると高い評価を集めているのです。カードローンに申し込む際には、審査を受ける必要があります。事前に申込書に記入した年齢や勤務先、年収や家族構成、現在の他社からの借り入れ金額などについて調査が行われるのです。金融会社の担当者は、お金を貸してしっかりと間違いなく返済してもらえる相手なのか、信用できるお客様なのかを見極めるために徹底した審査をしています。

カードローン審査で重視されているチェック項目としては、過去のカードローン利用履歴が挙げられます。返済に遅れがなく締め切り日までに支払われてきたか、トラブルなどはなかったかという点についても詳しく調べられます。特に問題がないようであれば、申し込んだその日のうちに審査を通過して、昨日カードを発行することが可能となるのです。さらに、申込者の経済状況をより深く把握するために自宅が持ち家か賃貸か、不動産に至るまで審査がされる場合も少なくありません。あらゆる角度から信頼に足る相手か調査した上で、会員となることができるのです。とにかく急いでお金を借りたいと希望している人も多くいます。審査結果によっては最短で当日にはお金を借りることができるケースも増えています。このように、非常に利便性が高く暮らしに役立つカードローンサービスは、若者から高齢者まで幅広い年代の人々からも親しまれているのです。申し込みの際に収入証明書が不要の会社も多いため、手軽に始められるサービスとしても選ばれています。これからも、カードローン利用者からの非常に高い満足度や信頼関係はより一層広がっていくことになるのです。

電話による在籍確認なしでカードローンを利用する

保証人なしで無担保、利用限度額内であれば何度でも利用することのできるカードローンは便利な反面、最初の申し込み時点のハードルが高いことでも有名です。まずバイトやパートでも良いのですが、確実に安定した収入が必要であり、職場の連絡先なども記入しなくてはいけません。これをせずに申し込みしても審査で通ることはなく、カードローンが利用できなくなるので必須の項目となります。審査が開始されると返済が可能かどうかの確認に加え、実際に記入した職場で働いているかの在籍確認が行われます。カードローン各社では法律的に在籍確認をすることが義務づけられているので、これを回避することは不可能です。在籍確認とは職場で働いているかどうかを確認するためのもので、主に申込書に記入した職場に電話をしてきます。本人が電話に出る必要はなく、別の人が電話に出て働いていると答えるだけで十分なのです。金融会社としてもプライバシーの観点から企業名は出さず、オペレーターの個人名を名乗って確認するため、バレる心配はほとんどないのですが、業種や職場によっては怪しまれることもあります。

特に個人的に電話がかかってくることのないような人だと余計に目立つことになるので、そうした仕事をしている人はカードローンの申し込みから敬遠することになるでしょう。しかし、在籍確認は必ず電話でしなければいけないと決まっているわけではなく、実際に職場に在籍しているかを第三者から認めることができれば十分なのです。そのため、近年では電話をしてほしくないという顧客のために、働いている会社の社員証や社会保険証、給与明細など会社と個人名が結び付けられるような書類の提出だけで済ませることができるようになっています。書類の提出もFAXなどの面倒な手順は必要なく、携帯電話で撮影してメールで送るといった手軽な方法で済みます。ただし、これらの在籍確認は利用限度額が少額の場合のみで、50万円を超えるような大口になると審査も厳しく、いくつかの必要書類も準備しなくてはいけないので注意しましょう。

借り換えでカードローンの返済を楽にする

お金が必要になるたびに、手軽で便利なカードローンを利用してしまう人は多いでしょう。ひとつの貸金業者から借入限度額を越してしまったら、また別の資金業者のカードローンを申し込み利用している人もいます。審査に通れば、複数の貸金業者のカードローンを利用することができますが、返済が大変になります。借りている業者の数だけ返済をすることになり、手間も時間もかかってしまいます。カードローンを利用すれば、借りた金額に応じて金利が付きます。金利は、借入限度額が少ないほど高い金利となります。金利が高ければ、その分返済金額も増えますので、返済も大変になってしまいます。少しでも返済を楽にしたいと思うなら、借入限度額を上げて低い金利にすることです。複数の貸金業者から借り入れしている人は、ひとつの業者に借り換えることで借入限度額が上がり、低い金利になります。一箇所に借り換えることで、利息が軽減され返済金額が減り、返済が楽になるだけでなく、返済する手間が省け、管理も楽になります。メリットの多い借り換えですが、一箇所にまとめることで借入限度額が増えますので、審査に通らない場合もあります。

また、消費者金融の場合は、総量規制で収入の3分も1までしか融資ができないことになっていますので、その金額を超えるときは、借り換えすることはできません。収入に関係なく借り換えができるのは、総量規制対象外の銀行です。銀行のカードローンで、借り換えの審査を受けてみるのがいいでしょう。借り換えることで、何かと返済が楽になりますが、借りたお金の元金の残高は変わりません。毎月返済日までに利息を付けて返済し続けることで元金残高は減り、本当の意味で返済が楽になっていくのです。借り換えで利息が軽減されても、延滞してしまえば、延滞料が加算されてしまい、返済が苦しくなってしまいます。こうしたことがないように、返済日を守って必ず返済をしていきましょう。

在籍確認不要なカードローンはある?

カードローンには審査があり、会社勤めであったり、バイトなどで毎月一定の収入があることが第一条件となります。申し込みの際には勤務先を記入して提出する必要がありますが、その内容に間違いがないかを確認するために、カードローン会社による在籍確認が行われます。在籍確認は、通常電話連絡によって行われ、記載されている勤務先に、申し込んだ人が在籍しているかどうかを、確認することが目的です。電話の内容は、~様はいらっしゃいますか、というようなものであり、カードローン会社からの連絡であることは、通常わからないようになっています。会社名ではなく個人名での連絡となりますので、カードを作りたいが、会社やバイト先の人に知られたくない、という場合でも安心です。会社やバイト先の人に、カードローンに申し込んだことを知られたくない、という場合でも、安心して申し込みをすることができるでしょう。

ただ、個人名での連絡であっても、普段ほとんど自分宛ての電話連絡がない場合、「もしかして気が付かれるのでは」と気になってしまうかもしれません。絶対に会社に知られたくない、という場合には、あらかじめ担当者にその旨を伝えて、相談をしておくと良いでしょう。在籍確認の連絡は基本的に、その会社に勤めていることを確認するだけですから、電話に出た後、カードローンに関する会話をする必要もありません。ただし、業者によっては、本人であることを確かめるために、住所や生年月日などを尋ねる場合もあるといわれています。在籍確認は、お金を貸す側にとって重要なものですが、キャッシング会社によっては、在籍確認不要で申し込みが可能なところもあります。カード会社側が提示している、一定の条件を満たすことができれば、電話での確認が不要となるカードもあるのです。まず指定の銀行に口座を持っていること、そして社会保険証、組合保険証を所持していることなどが、その条件となります。

カードローンの利用と金利の関係

カードローンを契約すると、適用金利が決められることになり、この適用金利によって負担すべき利息額が決まることになります。従って、この適用金利は低いに越したことはないのですが、通常カードローンでは、法定金利の範囲内で、低い場合には数%から高いケースでは18%前後というところになります。この適用金利に応じて、毎月の返済額が決まります

カードローンを利用するケースにはいろいろなケースがありますが、例えば、給料日前に借りて給料日に返済する、あるいは、ボーナス前に借り入れしてボーナス支給日に返済するなどの短期利用の場合には、それ程適用金利を気にする必要もありません。問題となるのは、長期利用の場合であり、数年間かけて返済していく場合などには非常に重要な問題となります。よくあるケースとしては、返済しても返済しても借り入れ残高が減少することはなく、逆に、借入残高が増加するという多重債務状態となることです。これは、高い金利でカードローンを利用する場合には、避けて通れない道であり、短期間で完済できないケースでは、多重債務状態となる可能性は高まります。これが、今では社会問題化している多重債務問題の本質であると言えます。借金問題で最も大切なことは、なるべく短期に完済することだと言われていますが、これは、短期完済することにより支払うべき利息を減少させることができるからです。借入額は同じであっても、数か月で完済するのと数年で完済するのとでは利息負担額は大きく異なることになります。従って、借り入れ時の適用金利も重要であることはもちろんですが、それ以上に重要なのが、いかに短期返済できるかということになるのです。これができずに、長々と返済が続き、借入残高が減少しないようだとかなりの高い可能性で多重債務者となります。こうならないためには、繰り上げ返済などを利用して、確実に元本を減少させることが重要で、当然、その間の新規借り入れは厳禁ということになります。