カードローン借り換えの基本とは

カードローンを利用するときには、とりあえずどこでもいいから借りられたらと特に金利などを気にせず借りてしまったということも多いです。ですが金利分は意外に差がつくことも多く、特に多額のカードローンなどを利用している場合には軽視できない金額となってきます。そのまま高い金利で返し続けるのが負担になってきた場合にはカードローンの借り換えを検討してみるとよいでしょう。カードローンを借り換える場合、まずはできるだけ低い金利の金融機関で借り換える(カードローン比較はこちら!)のが基本中の基本です。比較的消費者金融よりも銀行のほうが金利は低く設定されていますので、まずは銀行で借り換えができるのであれば申し込んでみましょう。銀行は金利が低い分やはり審査は厳しめにになっています。ですが借り換えができれば毎月の返済も楽になりますのでメリットは大きいです。

また数社でのカードローンの利用がある場合にはおまとめという借り換え方法もあります。複数社でカードローンを利用していますと返済日なども毎月何回もあることになりますので、借りているカードローンの管理自体がしにくくなりますし、いつすべてのローンを完済できるのかがわかりにくくなります。ですので何社からもカードローンを利用している場合にはできるだけ金利の低いところで1社にまとめてしまうほうが効率的です。ですが借入先が3社以上あるとおまとめ審査に通りにくい場合も多いです。その場合には一度にすべてのおまとめ借り換えをおこなってしまおうと考えずに、とりあえず1社ずつ減らしていき、借り入れ先が3社以下になったら改めて金利の低い金融機関におまとめ借り換えを申し込むのもひとつの方法です。おまとめで借換えができれば、毎月の返済日も1回になりますので気分的にも楽ですし、金利が低くなった分総額も毎月の返済額も減りますので負担も軽減できます。また完済への目安もできますので返済に関してのモチベーションも上がることになります。

借り換えでカードローンの返済を楽にする

お金が必要になるたびに、手軽で便利なカードローンを利用してしまう人は多いでしょう。ひとつの貸金業者から借入限度額を越してしまったら、また別の資金業者のカードローンを申し込み利用している人もいます。審査に通れば、複数の貸金業者のカードローンを利用することができますが、返済が大変になります。借りている業者の数だけ返済をすることになり、手間も時間もかかってしまいます。カードローンを利用すれば、借りた金額に応じて金利が付きます。金利は、借入限度額が少ないほど高い金利となります。金利が高ければ、その分返済金額も増えますので、返済も大変になってしまいます。少しでも返済を楽にしたいと思うなら、借入限度額を上げて低い金利にすることです。複数の貸金業者から借り入れしている人は、ひとつの業者に借り換えることで借入限度額が上がり、低い金利になります。一箇所に借り換えることで、利息が軽減され返済金額が減り、返済が楽になるだけでなく、返済する手間が省け、管理も楽になります。メリットの多い借り換えですが、一箇所にまとめることで借入限度額が増えますので、審査に通らない場合もあります。

また、消費者金融の場合は、総量規制で収入の3分も1までしか融資ができないことになっていますので、その金額を超えるときは、借り換えすることはできません。収入に関係なく借り換えができるのは、総量規制対象外の銀行です。銀行のカードローンで、借り換えの審査を受けてみるのがいいでしょう。借り換えることで、何かと返済が楽になりますが、借りたお金の元金の残高は変わりません。毎月返済日までに利息を付けて返済し続けることで元金残高は減り、本当の意味で返済が楽になっていくのです。借り換えで利息が軽減されても、延滞してしまえば、延滞料が加算されてしまい、返済が苦しくなってしまいます。こうしたことがないように、返済日を守って必ず返済をしていきましょう。

在籍確認不要なカードローンはある?

カードローンには審査があり、会社勤めであったり、バイトなどで毎月一定の収入があることが第一条件となります。申し込みの際には勤務先を記入して提出する必要がありますが、その内容に間違いがないかを確認するために、カードローン会社による在籍確認が行われます。在籍確認は、通常電話連絡によって行われ、記載されている勤務先に、申し込んだ人が在籍しているかどうかを、確認することが目的です。電話の内容は、~様はいらっしゃいますか、というようなものであり、カードローン会社からの連絡であることは、通常わからないようになっています。会社名ではなく個人名での連絡となりますので、カードを作りたいが、会社やバイト先の人に知られたくない、という場合でも安心です。会社やバイト先の人に、カードローンに申し込んだことを知られたくない、という場合でも、安心して申し込みをすることができるでしょう。

ただ、個人名での連絡であっても、普段ほとんど自分宛ての電話連絡がない場合、「もしかして気が付かれるのでは」と気になってしまうかもしれません。絶対に会社に知られたくない、という場合には、あらかじめ担当者にその旨を伝えて、相談をしておくと良いでしょう。在籍確認の連絡は基本的に、その会社に勤めていることを確認するだけですから、電話に出た後、カードローンに関する会話をする必要もありません。ただし、業者によっては、本人であることを確かめるために、住所や生年月日などを尋ねる場合もあるといわれています。在籍確認は、お金を貸す側にとって重要なものですが、キャッシング会社によっては、在籍確認不要で申し込みが可能なところもあります。カード会社側が提示している、一定の条件を満たすことができれば、電話での確認が不要となるカードもあるのです。まず指定の銀行に口座を持っていること、そして社会保険証、組合保険証を所持していることなどが、その条件となります。

カードローンの利用と金利の関係

カードローンを契約すると、適用金利が決められることになり、この適用金利によって負担すべき利息額が決まることになります。従って、この適用金利は低いに越したことはないのですが、通常カードローンでは、法定金利の範囲内で、低い場合には数%から高いケースでは18%前後というところになります。この適用金利に応じて、毎月の返済額が決まります

カードローンを利用するケースにはいろいろなケースがありますが、例えば、給料日前に借りて給料日に返済する、あるいは、ボーナス前に借り入れしてボーナス支給日に返済するなどの短期利用の場合には、それ程適用金利を気にする必要もありません。問題となるのは、長期利用の場合であり、数年間かけて返済していく場合などには非常に重要な問題となります。よくあるケースとしては、返済しても返済しても借り入れ残高が減少することはなく、逆に、借入残高が増加するという多重債務状態となることです。これは、高い金利でカードローンを利用する場合には、避けて通れない道であり、短期間で完済できないケースでは、多重債務状態となる可能性は高まります。これが、今では社会問題化している多重債務問題の本質であると言えます。借金問題で最も大切なことは、なるべく短期に完済することだと言われていますが、これは、短期完済することにより支払うべき利息を減少させることができるからです。借入額は同じであっても、数か月で完済するのと数年で完済するのとでは利息負担額は大きく異なることになります。従って、借り入れ時の適用金利も重要であることはもちろんですが、それ以上に重要なのが、いかに短期返済できるかということになるのです。これができずに、長々と返済が続き、借入残高が減少しないようだとかなりの高い可能性で多重債務者となります。こうならないためには、繰り上げ返済などを利用して、確実に元本を減少させることが重要で、当然、その間の新規借り入れは厳禁ということになります。

キャッシングで締切りに送れてしまった時はどうなるか

どこかから何かを借りた時には、返す手続きが非常に大切です。その手続きにて問題が発生すると、色々とネガティブな状況になりますので要注意ですね。 例えば銀行などから借りた時には、もちろん締め切りに間に合わせる必要があります。毎月25日に返すというルールになっている場合は、もちろんその日に間に合わせる必要があるでしょう。26日以降などではありません。

逆にその日に間に合わなかった時にはどうなるかと申しますと、主に2つの意味でのネガティブな状況が発生します。まず1つ目は手数料の増加ですね。 そもそもその商品には、必ず手数料があるのです。いわゆるキャッシングの金利なのですが、たいてい18%前後になっています。 ところが遅れてしまいますと、それが増加するのですね。

現在のルールでは最大20%になりますので、その水準まで引き上げられる事になります。つまり2%増えてしまう訳ですね。それは決して軽視できない数字になるのです。 まして上記は18%ですが、人によってはもっと低めな手数料で借りている事もあるでしょう。色々な条件が揃って、10%前後などで借りている方も見られるのですね。

それで遅延が発生すると、実に10%も手数料が増えてしまう事になります。さすがにそれは大きすぎる訳ですから、やはり締め切りに間に合わせることは大切なのです。 それともう1つの意味ですが、督促が発生する事になります。当然ですが金融会社としては、返してほしいものです。それで会社としては、利用者に対して電話をかけてくるのですね。たいてい、何日までに返せますか等の言い回しの電話になります。 それを放置すると、さらに大変な事になります。

金融会社によっては、個人宅まで訪問に来ることがあるのですね。それで同じく上記のような言い回しで、督促が発生する事があります。いわゆる渉外が発生するのです。 このようにキャッシングで遅れが発生すると、色々と大変です。ですので締め切りを守るのは、とても大切と言えるでしょう。

必ずお金の受け取りが発生するキャッシング

私たちのほとんどは、クレジットカードを保有しています。あれはとても有用なカードですね。特に買い物時には、大活躍をしてくれるでしょう。お店によっては、カード払いでないとお断りをしている所も見られるからです。 ところでそのクレジットには、2種類の枠が存在します。ショッピングとキャッシングという2種類があるのですが、その2つには現金受け取りの可否に関する違いがあるのです。

まず前者のショッピングの場合は、現金受け取りとは少々違うものになります。間接的には現金受け取りとも解釈できるのですが、ちょっと意味合いは異なりますね。 そもそも私達がカードで支払う時に現金を目視で確認できるかと言われれば、目でそれを見る事は無いでしょう。電子媒体でお金は動いているのですが、目で札束などを確認する事は無いですね。

ところが後者のキャッシングの場合は、必ず現金受け取りが発生する事になります。例えばカードを機械に挿入して、所定の操作を行ったとしましょう。しばらくすれば、その機械から現金が出てくる事になります。
また振り込みも同様です。スマホなどで所定の操作を行って、借りたいという旨を申請すれば、銀行口座にその情報が反映されるのですね。 つまりショッピングと違って、必ず現金受け取りを行う事になる訳です。

ショッピングの場合はいわゆる立替払に相当する訳ですが、それとはちょっと異なるのですね。その現金受け取りが発生するか否かが、前述の2種類の大きな違いの1つと言えるでしょう。 ですのでいわゆるカードローンなどの場合は、必ず現金受け取りが発生します。そのローン商品の場合はカードは発酵されますが、ショッピング機能は備わっていないのです。そのカードお店に提示したところで、買い物をする事はできません。暗証番号の入力なども発生しないのですね。 このように買い物に使う訳でなく、現金受け取りが目的になっているのが、キャッシングの特徴の1つです。

果たしてキャッシングと質屋ではどちらが手数料が安いのか

一昔前の方々は、借りる時には質屋を利用していた事がありました。いわゆる昔ながらの方法の1つなのですが、それには物を預ける点に特徴があります。 まずお店に対して、価値があると思しき物を一旦預けるのですね。それではお店から借りる事になるのですが、もちろん借りたお金は返す事になります。 ところでそれを返す事ができなかった場合はどうなるかと申しますと、前述の預けたものが流れてしまう訳ですね。

いわゆる質流れと表現される事が多いのですが。 そしてそれは、キャッシングとよく似ているのですね。その金融商品も、結局は金銭を借りる事になるからです。物を預ける事は無いのですが、やはり金銭を借りる事だけは確実でしょう。 ところでその金融商品を利用するとなると、もちろん手数料が発生します。現在の多くの金融会社は、その手数料が最大20%になっている状況ですね。賃金業者などは、その数値が比較的高めになっているのですが。 そして前述の質屋の場合も、もちろん手数料は発生する事になります。前述の金融商品とそのお店のどちらの方が手数料が高いかとの疑問が浮上しても、何ら不思議はありせん。
結論から申し上げれば、キャッシングの方が手数料は低めになります。というよりも、質屋の方が圧倒的に手数料が高めと考えて良いでしょう。 現在の状況では、質屋の最大手数料は年間30%を超える事が多いのです。前述の20%という数字に比べれば、圧倒的に高い事だけは確実でしょう。 しかもお店によっては、その数字がもっと高い事があります。

中には90%台のお店もある訳ですが、実に上記の金融商品に比べると、4倍以上の手数料がかかる事になるのです。どう考えてもそれは高いでしょう。 それを考えれば、やはり銀行などによるその金融商品の方がメリットは大きいと思います。一部の方々は20%という手数料がかなり高いと思い込んでいるのですが、実際は質屋などの数字に比べれば相当低めになっている訳ですね。

キャッシングの手数料を少しでも減らすための2つの手段

どこかの業者による融資を利用中の方は、たまに手数料が気になっています。特に金融関連の会社の場合は、そのような事も非常に多いのですね。少しても低く抑えたいと思うのは、至極自然な事です。 キャッシングもその1つです。大抵の賃金業者では年間の手数料が18%ですが、できるだけそのパーセンテージを低くしたいと思っている方も多いですね。 ところでパーセンテージを低くする方法は、あります。主に2つの方法があるのですね。

まず1つ目の方法として、実績です。そもそもその融資商品で借りる事ができる額は、現在の実績に左右される一面があります。返す実績が非常に優秀な方の場合は、借りる事ができる上限は高めになるのですね。毎月必ず期日までに返していて、完済の実績が何回もある方などは、それだけ多くの金額を借りれる傾向があります。

そして金融会社の手数料は、その限りれる金額の高さに反比例するのですね。いわゆる融資可能枠が高めな方の場合は、それだけ手数料が低くなる傾向があります。ですので少しでも手数料を低くしたいと思うのであれば、金融会社で返す実績を積み上げていくと良いでしょう。

それともう1つの方法としては、会社のチェンジです。各社の金利は、それぞれ異なるのですね。いわゆる銀行関連の会社の場合は、総じて金利が低めな傾向があります。 ですので現在賃金業者から借りているのであれば、ちょっと銀行関連の会社にチェンジするのも一法と言えます。現に複数の賃金会社から借りていて、少しでも手数料を抑えたいと思っている方などは、銀行に対する借換の申込をしているケースも非常に多いです。

このような2つの方法がある訳ですが、現実的には実績を積み上げておくのが良いでしょう。多くの実績を積み上げれば手数料が低めになりますし、後々で銀行などでの審査も通りやすくなるからです。金融機関では、過去の実績を重視している事が大変多いからです。計画的に返す事を心がけて、コツコツと実績を積み上げていくと良いでしょう。

アルバイトなどの雇用属性でも借りる事はできるキャッシング

アルバイトの方々は、借りる事が可能かどうか不安な事もあるようです。 そもそも金融会社というのは、職業属性を重視している事もあります。いわゆる正社員の方々などは、比較的借りやすい傾向があるのです。それに対してアルバイトの方の場合は、たまにそれで不安なのです。果たして自分のような雇用属性でも借りる事が可能かどうか、ちょっと不安な方も見られるのですね。

では借りるのは難しいかと申しますと、決してそのような事はありません。というよりも、比較的多くの会社で借りる事ができると考えて良いでしょう。そしてそれは、公式ページなどでアピールされている事が多いのです。

例えばある賃金業者なのですが、そこの公式ページではアルバイトなどでも全く問題ありません等と大きくアピールをしています。そのように公式で明示している以上は、もちろんその会社で借りれる訳ですね。 賃金業者の場合は、アルバイトの方々に対して柔軟に対応している所が非常に多く見られます。また賃金業者だけでなく、銀行なども同じなのですね。基本的に多くの会社は、アルバイトでも問題ないケースが多い訳です。

ただしもちろん、勤めている年数などは重視されます。あまり年数が短いと落とされる事がありますので、注意が必要です。例えば、勤め始めてから1ヶ月も経過していない方々ですね。入社して間もない方も中にはいらっしゃるのですが、その場合はちょっと難しいこともあります。1つの目安としては1年前後になりますので、もう少し待つ必要があるでしょう。 それと会社の安定度などにも左右されます。

アルバイトの方々のお勤め先の状況も色々で、経営状況が比較的安定している所も見られますし、その逆の会社もあるのですね。もちろん安定的な会社の方が、比較的高い確率で借りれる傾向があります。いわゆる上場企業に勤めているアルバイトの場合、割と高い確率で借りれる傾向があるのです。 いずれにしてもアルバイトという属性でも特に問題ない訳ですね。