電話による在籍確認なしでカードローンを利用する

保証人なしで無担保、利用限度額内であれば何度でも利用することのできるカードローンは便利な反面、最初の申し込み時点のハードルが高いことでも有名です。まずバイトやパートでも良いのですが、確実に安定した収入が必要であり、職場の連絡先なども記入しなくてはいけません。これをせずに申し込みしても審査で通ることはなく、カードローンが利用できなくなるので必須の項目となります。審査が開始されると返済が可能かどうかの確認に加え、実際に記入した職場で働いているかの在籍確認が行われます。カードローン各社では法律的に在籍確認をすることが義務づけられているので、これを回避することは不可能です。在籍確認とは職場で働いているかどうかを確認するためのもので、主に申込書に記入した職場に電話をしてきます。本人が電話に出る必要はなく、別の人が電話に出て働いていると答えるだけで十分なのです。金融会社としてもプライバシーの観点から企業名は出さず、オペレーターの個人名を名乗って確認するため、バレる心配はほとんどないのですが、業種や職場によっては怪しまれることもあります。

特に個人的に電話がかかってくることのないような人だと余計に目立つことになるので、そうした仕事をしている人はカードローンの申し込みから敬遠することになるでしょう。しかし、在籍確認は必ず電話でしなければいけないと決まっているわけではなく、実際に職場に在籍しているかを第三者から認めることができれば十分なのです。そのため、近年では電話をしてほしくないという顧客のために、働いている会社の社員証や社会保険証、給与明細など会社と個人名が結び付けられるような書類の提出だけで済ませることができるようになっています。書類の提出もFAXなどの面倒な手順は必要なく、携帯電話で撮影してメールで送るといった手軽な方法で済みます。ただし、これらの在籍確認は利用限度額が少額の場合のみで、50万円を超えるような大口になると審査も厳しく、いくつかの必要書類も準備しなくてはいけないので注意しましょう。