カードローンの利用と金利の関係

カードローンを契約すると、適用金利が決められることになり、この適用金利によって負担すべき利息額が決まることになります。従って、この適用金利は低いに越したことはないのですが、通常カードローンでは、法定金利の範囲内で、低い場合には数%から高いケースでは18%前後というところになります。この適用金利に応じて、毎月の返済額が決まります

カードローンを利用するケースにはいろいろなケースがありますが、例えば、給料日前に借りて給料日に返済する、あるいは、ボーナス前に借り入れしてボーナス支給日に返済するなどの短期利用の場合には、それ程適用金利を気にする必要もありません。問題となるのは、長期利用の場合であり、数年間かけて返済していく場合などには非常に重要な問題となります。よくあるケースとしては、返済しても返済しても借り入れ残高が減少することはなく、逆に、借入残高が増加するという多重債務状態となることです。これは、高い金利でカードローンを利用する場合には、避けて通れない道であり、短期間で完済できないケースでは、多重債務状態となる可能性は高まります。これが、今では社会問題化している多重債務問題の本質であると言えます。借金問題で最も大切なことは、なるべく短期に完済することだと言われていますが、これは、短期完済することにより支払うべき利息を減少させることができるからです。借入額は同じであっても、数か月で完済するのと数年で完済するのとでは利息負担額は大きく異なることになります。従って、借り入れ時の適用金利も重要であることはもちろんですが、それ以上に重要なのが、いかに短期返済できるかということになるのです。これができずに、長々と返済が続き、借入残高が減少しないようだとかなりの高い可能性で多重債務者となります。こうならないためには、繰り上げ返済などを利用して、確実に元本を減少させることが重要で、当然、その間の新規借り入れは厳禁ということになります。