キャッシングで締切りに送れてしまった時はどうなるか

どこかから何かを借りた時には、返す手続きが非常に大切です。その手続きにて問題が発生すると、色々とネガティブな状況になりますので要注意ですね。 例えば銀行などから借りた時には、もちろん締め切りに間に合わせる必要があります。毎月25日に返すというルールになっている場合は、もちろんその日に間に合わせる必要があるでしょう。26日以降などではありません。

逆にその日に間に合わなかった時にはどうなるかと申しますと、主に2つの意味でのネガティブな状況が発生します。まず1つ目は手数料の増加ですね。 そもそもその商品には、必ず手数料があるのです。いわゆるキャッシングの金利なのですが、たいてい18%前後になっています。 ところが遅れてしまいますと、それが増加するのですね。

現在のルールでは最大20%になりますので、その水準まで引き上げられる事になります。つまり2%増えてしまう訳ですね。それは決して軽視できない数字になるのです。 まして上記は18%ですが、人によってはもっと低めな手数料で借りている事もあるでしょう。色々な条件が揃って、10%前後などで借りている方も見られるのですね。

それで遅延が発生すると、実に10%も手数料が増えてしまう事になります。さすがにそれは大きすぎる訳ですから、やはり締め切りに間に合わせることは大切なのです。 それともう1つの意味ですが、督促が発生する事になります。当然ですが金融会社としては、返してほしいものです。それで会社としては、利用者に対して電話をかけてくるのですね。たいてい、何日までに返せますか等の言い回しの電話になります。 それを放置すると、さらに大変な事になります。

金融会社によっては、個人宅まで訪問に来ることがあるのですね。それで同じく上記のような言い回しで、督促が発生する事があります。いわゆる渉外が発生するのです。 このようにキャッシングで遅れが発生すると、色々と大変です。ですので締め切りを守るのは、とても大切と言えるでしょう。