必ずお金の受け取りが発生するキャッシング

私たちのほとんどは、クレジットカードを保有しています。あれはとても有用なカードですね。特に買い物時には、大活躍をしてくれるでしょう。お店によっては、カード払いでないとお断りをしている所も見られるからです。 ところでそのクレジットには、2種類の枠が存在します。ショッピングとキャッシングという2種類があるのですが、その2つには現金受け取りの可否に関する違いがあるのです。

まず前者のショッピングの場合は、現金受け取りとは少々違うものになります。間接的には現金受け取りとも解釈できるのですが、ちょっと意味合いは異なりますね。 そもそも私達がカードで支払う時に現金を目視で確認できるかと言われれば、目でそれを見る事は無いでしょう。電子媒体でお金は動いているのですが、目で札束などを確認する事は無いですね。

ところが後者のキャッシングの場合は、必ず現金受け取りが発生する事になります。例えばカードを機械に挿入して、所定の操作を行ったとしましょう。しばらくすれば、その機械から現金が出てくる事になります。
また振り込みも同様です。スマホなどで所定の操作を行って、借りたいという旨を申請すれば、銀行口座にその情報が反映されるのですね。 つまりショッピングと違って、必ず現金受け取りを行う事になる訳です。

ショッピングの場合はいわゆる立替払に相当する訳ですが、それとはちょっと異なるのですね。その現金受け取りが発生するか否かが、前述の2種類の大きな違いの1つと言えるでしょう。 ですのでいわゆるカードローンなどの場合は、必ず現金受け取りが発生します。そのローン商品の場合はカードは発酵されますが、ショッピング機能は備わっていないのです。そのカードお店に提示したところで、買い物をする事はできません。暗証番号の入力なども発生しないのですね。 このように買い物に使う訳でなく、現金受け取りが目的になっているのが、キャッシングの特徴の1つです。