果たしてキャッシングと質屋ではどちらが手数料が安いのか

一昔前の方々は、借りる時には質屋を利用していた事がありました。いわゆる昔ながらの方法の1つなのですが、それには物を預ける点に特徴があります。 まずお店に対して、価値があると思しき物を一旦預けるのですね。それではお店から借りる事になるのですが、もちろん借りたお金は返す事になります。 ところでそれを返す事ができなかった場合はどうなるかと申しますと、前述の預けたものが流れてしまう訳ですね。

いわゆる質流れと表現される事が多いのですが。 そしてそれは、キャッシングとよく似ているのですね。その金融商品も、結局は金銭を借りる事になるからです。物を預ける事は無いのですが、やはり金銭を借りる事だけは確実でしょう。 ところでその金融商品を利用するとなると、もちろん手数料が発生します。現在の多くの金融会社は、その手数料が最大20%になっている状況ですね。賃金業者などは、その数値が比較的高めになっているのですが。 そして前述の質屋の場合も、もちろん手数料は発生する事になります。前述の金融商品とそのお店のどちらの方が手数料が高いかとの疑問が浮上しても、何ら不思議はありせん。
結論から申し上げれば、キャッシングの方が手数料は低めになります。というよりも、質屋の方が圧倒的に手数料が高めと考えて良いでしょう。 現在の状況では、質屋の最大手数料は年間30%を超える事が多いのです。前述の20%という数字に比べれば、圧倒的に高い事だけは確実でしょう。 しかもお店によっては、その数字がもっと高い事があります。

中には90%台のお店もある訳ですが、実に上記の金融商品に比べると、4倍以上の手数料がかかる事になるのです。どう考えてもそれは高いでしょう。 それを考えれば、やはり銀行などによるその金融商品の方がメリットは大きいと思います。一部の方々は20%という手数料がかなり高いと思い込んでいるのですが、実際は質屋などの数字に比べれば相当低めになっている訳ですね。